本文へ移動

児童養護施設 白河学園

まなざし(Daiary)

感染症対策と恒例行事

   今現在(R3.11月)新型コロナウィルス感染症は全国的に感染者数が減ってきており、学校行事にも来賓として招待されたり、仕事面でも会議や研修会などすべてがリモートではなく参集型で開催されるものも徐々に増えてきています。しかし、「必ず第6波は来る。」と断言している専門家もいます。また、昨年はコロナ対策でのマスク着用や手洗い・うがい・手指消毒・3密を避ける行動の徹底などで季節性インフルエンザの感染者は激減しましたが、「今年は大きな流行を起こす可能性がある。」と日本感染症学会では予測しているようです。引き続き感染症対策の徹底を図り、必要な対応をとりながら子どもたちの安全を守っていきたいと思います。
 
   さて、冒頭で述べた通り全国的に新型コロナウィルスの感染者数は減ってきていますが、昨年に引き続き今年も白河学園祭は中止とさせていただきました。子どもたちも保護者の皆様方におかれましても残念に思った方は大勢いるとは思いますが、そのような判断をさせていただきました。その代替行事として白河学園お楽しみ会を子どもたちと職員だけで開催しました。換気や手指消毒をしながら短時間での会でしたが、子どもたちも職員もみんな満面の笑みを浮かべながら楽しいひと時を過ごしました。
 
 ダンスの発表では練習の成果が見事に表れていました。子どもたちも日々忙しい中で時間の合間を縫って一生懸命に練習してきたことが一目瞭然でした。子どもたちが考えたクイズやなぞなぞではみんなが真剣に考え、正解するとガッツポーズが出たりと盛り上がりました。ここで問題です。「タンスなどを売っているお姫様は誰でしょうか?」これは子どもが考えた問題です。「上手な問題だなぁー、いい問題だなぁー。」と感心しました。その他にもじゃんけん列車だったり、イントロクイズも盛り上がりました。イントロクイズではその歌を歌って初めて正解とみなされるので、「子どもたちは手を挙げないかな?」と思っていましたが、みんな積極的に挙手をして歌も楽しそうに歌っていたのがとても印象的でした。ちなみに私も正解してしまい、「ハウンドドックのff(フォルテシモ)」を歌うハメになりました。雰囲気もとても和やかで笑顔の絶えない楽しい会でした。まだまだ不安な日も続くと思いますが、だからこそみんなで協力しながら安全に楽しく過ごせるように努めていきたいと思います。
 
   令和3年9月30日をもって緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置は全都道府県で解除されました。それに伴い白河学園でも行動制限の緩和(一時帰省や面会外出の許可)をしています。しかし再度感染が拡大してきたり、政府や県独自の対策が講じられた際には、行動を制限せざるを得ません。そうならないことを祈っております。
園長 鈴木 栄一 

みんなでクイズ・問題です!
じゃんけん列車で一番!
みんなでクイズ? さあ問題です!( ^ω^)・・・わかった人。
みんなでハイ・ポーズ!
じゃんけん列車で一番になりました。おめでとう!

バックナンバー

基本理念

 社会福祉法人白河学園は運営する社会福祉事業を通して、支援を必要とする一人ひとりをかえがえない存在として尊重し、幸福で豊かな人生を送ることが出来るように、ジェントルティーチングを信条とした安心・安全な福祉サービスの実践に努めるものとする。
 更に、地域の関係機関との連携や様々な社会資源の活用、職員同士のチームワークにより、一人ひとりに寄り添い、共に生きる社会の実現を目指し、地域福祉の向上に寄与するものとする。
児童養護施設白河学園は児童福祉法第41条に基づき、様々な事情により
家庭での子育てが出来なくなったときに、保護者に代わって養育する施設です。
(1)福祉サービスの理念
  児童福祉法の理念に則り、子ども達が安心安全な環境のもと心身とも
  に健やかに成長し、社会に適応できるように育成に努めています。
(2)支援方針
  職員一人ひとりがジェントルティーチングに基づく力に依らない関わ
  り方に努め子ども達がのびのびと明るく安全に過ごせるような支援を
  行っています。
(3)児童定員 42名  本体施設24名  
   地域小規模児童養護施設18名
(4)寮体制
  ■本体施設(小規模グループケアユニット) 
  ・いぶきグループ  ・双葉1グループ  ・双葉2グループ
  ■地域小規模児童養護施設 
  ・みのりホーム   ・すみれホーム   ・さくらホーム
(5)職員体制
  ・園長 
  ・副園長
  ・事務長
  ・小規模グループケア統括(主任保育士) 
  ・地域小規模児童養護施設統括(主任保育士) 
  ・事務主任  
  ・処遇職員(保育士・児童指導員)
  ・心理職
  ・家庭支援専門相談員
  ・里親支援専門相談員
  ・栄養士
  ・看護師
  ・食品検査員 
  ・嘱託医

お問い合わせ

名称
児童養護施設白河学園
所在地
〒961-0984
福島県白河市和尚壇山2-9
電話番号
0248-23-3059
FAX番号
0248-23-3993

施設外観

グループケア
本体施設
地域交流多目的ホール

沿革

昭和25年2月7日、財団法人白河学園として認可され、さらに昭和25年3月31日 定員20名の児童福祉施設として認可されました。
同年5月25日から児童の入所を開始、昭和27年5月17日から社会福祉法人に変更となりました。
現在は定員42名。本体施設では小規模グループケアを3つ、地域児童養護施設3ケ所で支援をおこなっております。
また児童家庭支援センターを併設して子どもたちの最善の利益と安定した家庭生活のサポートに努めています。
障害児通所支援事業所、相談支援事業所も合わせて運営しています。

交通アクセス

<住所>
福島県白河市和尚壇山2-9
<アクセス>
新白河駅から 徒歩 約10分 
白河インターから 約5分 
白河中央スマートインターから 約10分
TOPへ戻る